大会ゲスト

写真:有森裕子さん

有森裕子さん

1966(昭和41)年、岡山県生まれ。日本体育大学卒業後、リクルート入社。 女子マラソン選手として1992年バルセロナオリンピックで銀メダル、1996年アトランタオリンピックでは銅メダル獲得。1998年NPO法人ハート・オブ・ゴールド設立、代表理就任。2007年にプロマラソンランナー引退。現在は国際オリンピック委員会(IOC)スポーツと活動的社会委員会委員、スペシャルオリンピックス日本理事長、日本陸上競技連盟副会長、大学スポーツ協会(UNIVAS)副会長などの要職を務める。 2010年IOC女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。2018年安曇野市スポーツ大使就任。

主な競技歴
1990年 大阪国際女子マラソン 6位 2時間32分51秒(初マラソン日本最高記録)
1991年 大阪国際女子マラソン 2位 2時間28分01秒(日本最高記録)
世界陸上選手権女子マラソン 4位 2時間31分08秒
1992年 バルセロナ五輪女子マラソン 2位 2時間32分49秒
1995年 北海道マラソン 女子 優勝 2時間29分17秒(大会新記録)
1996年 アトランタ五輪女子マラソン 3位 2時間28分39秒
1999年 ボストンマラソン 3位 2時間26分39秒(自己ベスト)
2001年 東京国際女子マラソン 10位 2時間31分00秒
2007年 東京マラソン 2007 5位 2時間52分45秒
写真:篠原信一さん

篠原信一さん

1973(昭和48)年、兵庫県生まれ。柔道の名門 天理大学入学後、才能が開花し、多くの国内、国外の大会を制覇。2000年シドニー五輪 100kg 超級決勝では、のちに世紀の誤審と語り継がれるフランスのダビド・ドゥイエに破れ、銀メダルを獲得。2003年現役を引退。引退後は天理大学柔道部の監督に就任。監督業の他に柔道の国際大会のテレビ解説も務める。2008年に柔道男子日本代表監督に就任。2012年ロンドン五輪後に日本代表監督を退任。 その後は日本各地で講演活動や柔道の指導にも力を入れている。
信州の四季折々の自然豊かな姿に魅了され、2020年4月に奈良県天理市から安曇野市へ移住。
2021年10月安曇野市スポーツ大使就任。

100kg超級での戦績
1998年 全日本選抜体重別 優勝
1998年 全日本選手権 優勝
1999年 全日本選抜体重別 優勝
1999年 全日本選手権 優勝
1999年 バーミンガム世界選手権(100kg超級・無差別) 優勝
2000年 全日本選抜体重別 優勝
2000年 全日本選手権 優勝
2000年 シドニーオリンピック(100kg超級) 2位
2001年 全日本選抜体重別 優勝
2001年 全日本選手権 2位
2001年 ミュンヘン世界選手権(100kg超級) 3位
2002年 全日本選手権 3位

<ハーフマラソンの部:ゲストランナー>

写真:片山真人さん

片山真人さん

1984年4月19日(37歳)
大阪府高槻市出身
2007年に当時北信越リーグ1部の松本山雅FCへ加入。
2008年よりFC岐阜へ移籍、2010年に水戸。
2011年より再び松本山雅FCへ移籍、その年のJ2昇格に大きく貢献。
2012年の現役引退後、株式会社松本山雅でクラブプロモーション担当として、主にメディア、サッカーなどで幅広く活躍中。
愛称はガチャ、ガチャさん。

写真:飯田真輝さん

飯田真輝さん

1985年9月15日(36歳)
茨城県出身
2010年途中に当時JFLの松本山雅FCに移籍2019年まで所属。
2020年マルヤス工業岡崎(JFL)、2021年奈良クラブ(JFL)に所属。
2022年の現役引退後、松本山雅FCのCommunity Bond Builder(CB²)に就任。
地域とクラブのつながりをより強めていくために、普及(スクール)育成事業、スポーツクラブ事業、ホームタウン活動、またそれに付随する営業活動、地域既存団体との連携活動を積極的に行う。

写真:真鍋未央さん

真鍋未央さん

1984年生まれ
福岡県出身
高校時代、中・長距離の陸上選手として活躍。卒業後は実業団選手として、資生堂ランニングクラブに所属。退社後、ランニングアドバイザーとしてランニングイベントを全国各地にて開催しているほか、現在はYouTube『miobi life style』にてランニング情報など中心に発信中。また、NIKE RUNNING COACH としても活動中。2018年第1子出産、2021年第2子出産。
著書は「週1回のランニングでマラソンは完走できる!(2013年:池田書店)」「キレイになるランニング(2016年:青春出版)」